1. トップ
  2. エブリイマガジン
  3. 「世羅自社農場エブリイふぁーむ」の美味しさをご紹介!

「世羅自社農場エブリイふぁーむ」の美味しさをご紹介!

2020.12.22 | おいしいの舞台裏

エブリイあんしん物語 世羅自社農場「エブリイふぁーむ」

 

 

 

 

エブリイでは、「世羅自社農場エブリイふぁーむ」でお野菜を育てています。

スーパーなのに、なぜ自社で野菜を育てるの!?

…と、不思議に思いますよね!

 

 

それは、お客様に「安心・安全」な本当に美味しいお野菜を食べて欲しいからなんです。

今回は、エブリイあんしん物語「世羅自社農場エブリイふぁーむ」をご紹介します!

ぜひ、エブリイふぁーむのお野菜のこだわりをご覧ください。

 

 

エブリイふぁーむってどんな所?

 

エブリイふぁーむは、寒暖差の激しい気候の恩恵を受ける世羅高原町に位置します。

スタートした頃は、この農地には石がゴロゴロと転がっている状態でした。

 

まずは、石を取り除き、土を作るところからスタート。

畑の水はけをよくする工事。

キノコの軸の部分やもみ殻などをまいたり、「農業」というよりは「土木工事」のような作業でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

たんじゅん農法(炭素循環農法)について

 

エブリイふぁーむのお野菜は、たんじゅん農法(炭素循環農法)という農法で育てています。

 

化学肥料や農薬を使わず、草や木に含まれる炭素を微生物の力で土へ循環。

森の木が育つように、自らが育つ環境さえあれば美味しい野菜が育つ。

 

 

 

 

 

土の中の菌や微生物が活発化させることで、虫が近寄りづらくなりミミズも1匹もいない「ふわっふわ」の発酵した土が出来ます。

それが、エブリイふぁーむの「たんじゅん農法」です。

 

 

 

 

 

 

 

たんじゅん農法に切り替えた、3年目の夏。

遂に、満足のいく「土」が出来ました。

ふわっふわの土の上に寝転がって空を見上げる時間は、極上の幸せな時間です。

 

 

 

 

 

 

エブリイふぁーむの野菜のづくりのこだわり

 

■栽培期間中、農薬・化学肥料不使用!

 

廃菌床と呼ばれるキノコを作る際に使用するおがくずや、もみ殻、牡蠣殻といった自然資材のみで土づくりをし、野菜を育てています。

生で皮が付いたままでも、まるごと安心して食べられます。

 

 

 

 

 

 

 

■基本、水やりはしません!!!

 

『発芽後は、水やりをせず雨水のみ』極力水やりはしません。

なぜなら、水やりをしない事で、自ら水を吸収しようと、野菜は土の奥深くに根っこをはるようになります。

夏場でも多少の日照りでは枯れなくなるからです。

 

 

 

 

 

 

 

 

だから「えぐみ」や「苦み」が少なく、野菜本来の「旨み」や「甘み」がたっぷりなお野菜に育ちます!

ぜひ、味に敏感なお子様にこそ食べてほしい!!野菜が苦手なお子様も食べやすいと好評です♩

 

 

 

 

 

 

エブリイふぁーむのお野菜は「食べチョク」で買えます!

 

 

 

 

栽培期間中、農薬も化学肥料も使用しない「たんじゅん農法」で育てた

『食べる人』にも『地球環境』にもやさしい、

エブリイあんしん物語 世羅自社農場エブリイふぁ~むのお野菜をぜひどうぞ!

 

食べチョクのエブリイふぁーむ購入サイトはこちらからどうぞ!

 

エブリイマガジン一覧へ
エブリイマガジン一覧へ